安全への取組み

スズトクグループの安全への取組み

業務を行う上で最も大切なこと、それが安全です。
スズトクグループでは、全社員が安心して働ける環境をつくるため、安全管理体制や情報システムの整備、工場設備の拡充など、様々な施策を展開しています。

労働安全衛生体制の概要

人々の暮らしから排出される廃棄物は、日々刻々と変わります。品物が変われば処理方法も変わり、工場現場のリスク要因も変化します。そのため、これらのリスクを常に正しく把握することが、安全な手順で業務を行う上では欠かせません。
スズトクグループでは、そのための仕組みとして全社をカバーした労働安全衛生管理体制を整備しています。スズトクグループ安全衛生委員長の下、継続的な安全衛生体制の向上を目指し、合同職場安全衛生会議の設置など様々な取組みを行っています。

具体的な取組み

労働安全衛生体制の具体的な取組みとして、グループの各階層で労働安全衛生会議を開催しています。
その一つである合同職場安全衛生会議は、全拠点を会社の垣根を超えた2つのグループに分け、異なる視点で改善提案し体制の強化を図っています。

事故報告システム

どれだけ手を打っても、起こってしまう事故はあります。大切なのは、繰り返し同じ事故を起こさないようにすることです。スズトクグループでは、その対策として「事故報告システム」を導入しています。これは事故内容・対策をシステムに登録すると、全社員にメールで通知され、情報が共有される仕組みです。
全社員が情報を共有することで、各拠点で開催される安全衛生会議での意見交換が活性化し、安全意識の向上、再発防止につながっています。

PAGE TOP